古民家解体・遺品整理

出張買取24時間受付!! 安心の「無料査定」〜東京・埼玉への出張買取はいつでも無料です。メールでのご依頼はこちらから

  • お取引いただける法人様募集中
  • 骨董品についての知識あれこれ
アクセスマップ 〜店舗のご案内〜
【仁友堂】
〒350-1334
埼玉県狭山市狭山42-17
店内でも、様々なアイテムを販売しています。※駐車場もご用意しています。

骨董品とは


骨董品とは一般に、「歴史を持ち、希少価値のあるもの」のことを言います。 欧米では「アンティーク」などと呼ばれるものが、日本でいうところの骨董品です。
本本、骨董の意味は「雑多な」というような意味でしたが、それが時代を経過して現在では「希少な」という意味で使われるようになったと言われています。


骨董品買取ポイント

骨董品には、高額で買取されるポイントがいくつかあります。
ここではその基本的なポイントを挙げてみましょう。
売却をお考えの皆様は、ぜひ参考になさってください。


骨董品鑑定ポイント

まず基本的な鑑定ポイントは、作成された年代や作者です。
年代でいうと、必ずではありませんが作成されてから100年を経過しているかどうか、ということが節目となります。
100年という単位は、作品により骨董品と中古品の境目となる場合があるからです。

掛け軸鑑定ポイント

掛け軸は、日本では非常に馴染みのある骨董品です。
昔から目に触れる機会の多いものなので、床の間に飾っているご家庭も多いのではないかと思います。
しかし現在は床の間の減少や洋風建築の増加に伴い、従来のように使用している方が少なくなってきているのが実情です。
ただその一方で、掛け軸は日本の文化の象徴として常に一定の買取需要があります。


アンティークの買取ポイント

アンティークの買取ポイント

アンティークとは、主にヨーロッパなどの西洋の骨董品のことを言います。
ヨーロッパのアンティークはその文化の違いから日本などの東洋の骨董品とは異なり、家具や照明、アクセサリー、人形などといった日常使われるものとして作られた品が多いことが特徴です。


コインの買取について

コインの買取について

コインには、古い時代の日本の古銭や記念硬貨、外国コインなどがあります。
天皇陛下のご即位記念金貨やオリンピックの記念金貨などはお持ちの方も多いのではないでしょうか?
そして例えば、日本最古の貨幣とされている「和同開珎」なども社会科の教科書などで見たことがあるかと思います。


古美術の買取について

古美術の買取について

古美術とは、一般に古い時代の美術品全般のことを言います。
掛け軸や陶器などは比較的想像しやすいと思いますが、それ以外にも例えば茶道具である金属や竹などで作られた花入、水指なども古美術と呼ばれます。


陶器の買取ポイント

陶器の買取ポイント

陶器には日本の陶器だけではなく、西洋の陶器、中国の陶器など様々なものがあります。
そして陶器はその芸術性の高さから、どれも非常に人気があります。
また、陶器は作られた時代よってその価値が大きく変わってきます。


掛け軸鑑定ポイント

掛け軸鑑定ポイント

掛け軸を鑑定してもらう場合は、「作家の名前が分かるかどうか?」というところから始まります。
作家によって買取金額は大きく違ってきます。現代における「サイン」のように、署名があればもっと高くなるでしょう。
加えて、箱があるかないかによっても金額は増減します。


茶道具の買取について

茶道具の買取について

茶道具の買取で重要になってくるのが、「そもそもそれはお茶会用のものであるのかどうか?」という点です。
茶道具には、「お茶会用」と「お稽古用」があります。これは読んで字のごとくで、お茶会用は正式なお茶会のときに使うもの、お稽古用はお茶の稽古のときに使うものです。


美術品の買取ポイント

美術品の買取ポイント

「美術品の買取」という言葉は、非常にあいまいで、かつ多くの意味を含んでいるものです。
広い意味では、ツボやカバン、それから絵画、照明などもすべて「美術品」に分類されることになるでしょう


絵画買取ポイント

絵画買取ポイント

絵画の買取査定額を決めるもっとも大きな要因は、「その絵が本物かどうか?」というものです。
どんなに精巧に作られたものであっても、それが偽物であるならば、ほとんど値段がつかない、という可能性の方が高いでしょう。


古銭の買取ポイント

古銭の買取ポイント

長い歴史を持つ家などでは、大掃除のときに、ひょっこりと昔の貨幣が出てくる可能性があります。
このような貨幣というのは、現在の「お金」としての価値はほとんどないとされています。すでにお金の単位なども変わっているからです。


掛け軸と作者〜注目される作者と高価買取のポイント

掛け軸と作者〜注目される作者と高価買取のポイント

掛け軸は、作者や年代、保存状態などで買取価格が大きく左右されます。
特に、作者は重要視されます。有名な作者や人気のある作者のものであれば、買取価格は非常に高価になります。


表装でここまで変わる!掛け軸の値段と表装の関係

表装でここまで変わる!掛け軸の値段と表装の関係

「表装によって価格が変わる」と言っても、多くの方は、「そもそも表装って何のこと?」と思うのではないでしょうか。
そこでここでは、「表装とは何か」ということからお話していきましょう。


浮世絵の難しさと買取ポイント

浮世絵の難しさと買取ポイント

「浮世絵」という単語は、非常になじみ深いものだと思われます。
「浮世」という言葉は、当時の意味で、「当世風の」「現代風の」「新しい」という意味合いを持っていました。
大衆文化の一つとして根付いたものであり、小難しい解釈などは必要なく、浮世絵の特徴です。


日本絵画の特徴

日本絵画の特徴

「日本の絵画」という言葉には、非常に幅広い意味があります。
近年描かれたポップアートも広い意味では「日本の絵画」でしょうし、アニメ作品を描いた絵なども「日本の絵画」に分類されることがあります。


古書の買取のポイントとは?

古書の買取のポイントとは?

古書の買取には、どのようなポイントがあるのでしょうか?
リサイクルショップなどで売られている中古の漫画本や中古の小説なども、広い意味では古書と同じように「読み終わった昔の本」に分類されます。


古銭の鑑定ポイント

古銭の鑑定ポイント

年代を経たお金のなかには、現存するものが極めて少ないものもあります。
既に現在では、「貨幣」として使うことができなくなったものであっても、古道具屋に持っていけば思いもかけない値段になった、ということも。


骨董品家具の定義と意味

骨董品家具の定義と意味

骨董品」に分類される家具は、一般的には「アンティーク家具」と呼ばれます。
骨董品の家具は、いったい「どこからが」アンティーク家具と呼ばれるものなのでしょうか?
これには一つの目安があります。


陶器の作家について

陶器の作家について

陶器の作家」「陶器のメーカー」というのは、驚くほどたくさんの選択肢があります。
どれを選べばよいか、どんな作家のものが価値があるかわからない、という人もいるのではないでしょうか。
そこでここでは、代表的な2つの作家(メーカー)をお教えします。


骨董ガラスの買取ポイント

「骨董ガラス」というのは、あまり聞き馴染みのない単語かもしれません。
しかしこれも、骨董品として人気の高いものです。
そこでここでは、まず、「骨董ガラスとは何か」「それの買取ポイントや特徴とは何か」を見ていきたいと思います 。



象牙買取の相場とポイントについて

象牙買取の相場とポイントについて

「象牙の買取」というのは、ちょっと詳しい人ならば、違和感を持つかもしれません。
ここでは、象牙の買取の基礎知識と、その相場について見ていきましょう。



紙幣の買取ポイント

「紙幣」というのは、とても不思議なものです。
「お金」という、当たり前に流通していたものであるにも関わらず、年月とともに、「当時の流通価格以上の」価値を持つものだからです。
ですから、100年後、200年後には、私たちが現在当たり前に使っている1000円札や5000円札、10000円札も、「特別な価値」を持つようになるのかもしれません。



有田焼の魅力

有田焼の魅力

「有田焼」という名称を聞いたことがない、という人はいないかと思います。
ただ、ここでは、より細かく、有田焼の特徴とその買取ポイント、有名な作者などについてご紹介したいと思います。



骨董品アクセサリー買取ポイント

「骨董品アクセサリー」というものを目にしたことはあるでしょうか。
独特の輝きを持つ、この「骨董品アクセサリー」について見ていきましょう。



骨董品を売るときの税金

骨董品を売るときに、税金はかかるのでしょうか?
こんな疑問を持つ人のために、回答を述べていきます。
骨董品売却をお考えの方のご参考になれば幸いです。



絵皿の買取について

絵皿というのは、基本的には「部屋に飾る観賞用の皿」を指します。
「何かを飾ること」は、極論を言えば個人個人の趣味になるため、品のよい「使うための皿」を飾ることもまた可能ではありますが、床の間などに相応しいものは、やはり絵皿でしょう。



九谷焼の特徴と買取について

九谷焼は、石川県の焼き物です。
緑・黄・赤・紫・青色を使った色彩が特徴ですが、現在では金箔を使ったものも出てきました。
九谷焼には長い歴史があるため、それぞれの時代で特徴が分かれます。



建具の買取ポイント

建具品としての建具の買取ポイント

建具の骨董品、と言ってもまったくイメージがつかない、という人もいるのではないでしょうか。建具というのは、一般的には、障子や戸板などを指すものです。
つまり、「動かすことが出来て」「かつ、部屋と部屋(あるいは部屋と外)などを区切るもの」というものを言うのです。この「建具」の骨董品特徴や買取ポイントについて見ていきましょう。



鉄製品の骨董品とは

鉄製品の骨董品とは

鉄製品の骨董品というのは、定義が非常にあいまいなものです。
そのため、この鉄製品の骨董品の買取のポイントを知るためには、そもそも、何をもって鉄製品の骨董品と位置付けるか」を考えなければいけません。



軍配の買取ポイント

軍配の買取ポイント

鉄製品の骨董品というのは、定義が非常にあいまいなものです。
そのため、この鉄製品の骨董品の買取のポイントを知るためには、そもそも、何をもって鉄製品の骨董品と位置付けるか」を考えなければいけません。



花器の買取ポイント

花器の買取ポイント

花を生けるための花器ですが、これを骨董品として売る場合は、どのようなポイントがあるのでしょうか?
花器には骨董品としての価値が有るものもあります。
花器の買取ポイントを見て行きましょう。



刀の買取ポイント

刀の買取ポイント

「武士の命」として大事にされてきた刀は、昔も今も、人の心をひきつけてやまないものであります。
刀の美しい刃紋は、不思議な魅力をもって私たちを魅了します。
今回は、この刀の売り方について見ていきましょう。



香炉の買取ポイント

香炉の買取ポイント

アロマオイル、香り袋などのように、香りを楽しむことは、現在ではごく当たり前の趣味になっています。
お風呂などにアロマオイルをおとしたり、枕元に香り袋をおいたりしている人も多いのではないでしょうか。
しかしこのような「香りの贅沢」というのは、近年になって芽生えたものではありません。



骨董品としての珊瑚

香炉の買取ポイント

珊瑚という言葉を聞いて、あなたはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。
海で草のように生える姿を思い浮かべる人もいれば、女性の指輪に宝石として収まっている姿を想像する人もいるでしょう。



骨董品としての灰皿

香炉の買取ポイント

灰皿の歴史を追うにはまず、煙草の歴史を追わなければなりません。
煙草が人類史上に登場したことを示す最古の記録は、マヤ時代だと言われています。
当時の遺跡に煙草を吸う人の姿が彫られているというのです。
大航海時代にヨーロッパに煙草が広がります。日本においては南蛮貿易を通して広まりました。



グレンフィディックセンテナリーの買取について

グレンフィディックセンテナリーの買取について

グレンフィディックセンテナリーは、世界初となるシングルモルトを打ち出した会社です。
歴史や味わいを持つお酒というのは、骨董的な価値や芸術的な価値を持つということを、このグレンフィディックセンテナリーから見ていきます。



レミーマルタンの買取について

レミーマルタンの買取について

レミーマルタンという名前のお酒は、誰もが聞き覚えのある有名なお酒です。
歴史を語れる酒であるレミーマルタンは、単なるアルコールとしての存在理由を超え、骨董品としての価値を持ちます。



カミュシルバーバカラの買取について

カミュシルバーバカラの買取について

カミュシルバーバカラを語るには、まずは「カミュ社とはどういうものか」を知らなければなりません。 カミュ社は、1863年に誕生しました。
それから150年以上が経った今でも、家族経営をしており、その味を守り続けている伝統的な会社です。
カミュ社が打ち出すのは、香り高く、優雅で優美なコニャックです。



備前焼の買取ポイント

備前焼の買取ポイント

日本には、さまざまな焼き物があります。
それぞれの特徴があり、地方によってまったく違う雰囲気を持つ焼き物が生成されています。
今回はそのなかから、「備前焼」を取り上げましょう。



中国絵画の買取ポイント

中国は非常に長い歴史を持っている国です。
彫刻や書でも有名な中国ですが、それ以外にも、「絵画」という世界に誇る文化があります。
今回は、中国絵画の特徴と、その買い取りポイントについてみていきましょう。



中国絵画の有名作家

中国絵画はとても長い歴史を持つため、有名な作家も数多く存在します。
今回はそのなかから、特に特徴的な二人の有名作家を紹介することにしましょう。



洋風掛け軸の買取について

「洋風掛け軸」と聞いて、あなたは、どのようなものを思い浮かべるでしょうか?
中国や日本で掛け軸文化は発達したように、西欧諸国でも掛け軸が発達したのではないか、と考えるかもしれません。
しかし、西欧諸国の場合、「掛け軸」という形で流通するというよりも、「絵画」「ファブリック」という形の方がメジャーであったようで、「西欧諸国で、(日本や中国のように)掛け軸が発展した」と言い切ることはなかなか難しいようです。




アンティーク家具の買取

アンティーク家具の買取

アンティーク家具は、一般的な家具とは違う買取りポイントが存在します。
それについてお話していきましょう。

そもそも、アンティーク家具の定義とはどのようなものなのでしょうか?




北欧アンティーク家具の買取

北欧アンティーク家具は、人気のあるアンティーク家具のうちの一つです。
今回は、それの特徴とポイントについてみていきましょう。
今ではほとんど同じ意味合いで使われることもある「北欧アンティーク家具」と「北欧ヴィンテージ家具」ですが、これはきちんとわけると差別化されます。
前者の北欧アンティーク家具は、作られてから100年以上たっているもの(関税の法律でこう定められています)、後者は100年たっていないけれどもある程度の時間を経過しているものを指します。




英国アンティーク家具の買取

「英国アンティーク家具」――――この言葉だけで胸がときめく、という人も多いのではないでしょうか。
今回は、この英国アンティーク家具の特徴と買取りのポイントを見ていきましょう。




版画の買取について

子どものころ、小学校などで版画を刷った、という人もおおいのではないでしょうか。
今回は、このなじみ深い「版画」について、その特徴と買取りポイントを紹介していこうと思います。

版画というのは、もととなる原版に、インキなどを塗り付け、それに紙などを押し付け、写し取られるものです。
この「原版」の素材は、実にさまざまです。




骨董品としての花瓶・花器

「花瓶」もまた骨董品の一つである、ということは、茶道具が骨董品としての性格を帯びることを考えれば、それほど不自然なことではないのかもしれません。
今回は、骨董品としての花瓶の存在と、その説明をしていくことにしましょう。




仏像の買取について

「仏像」という言葉を聞いたことがない、という人はいないでしょう。
修学旅行などで、有名な仏像を見た、という人が大半なのではないでしょうか。

ただ、ここでは、「そもそも、仏像とはどういうものか」という基礎から振り返ろうと思います。
また、現在では売買される対象ともなったこの「仏像」の買取りポイントも紹介します。




仏具の買取について

「仏具」というのは、「仏像」ほどはメジャーな単語ではありません。
そのため、「どのようなものか思い浮かばない」という人もいるでしょう。
そのため、ここではまず、「仏具とは何か」という定義づけからお話していこうと思います。




海外でも浮世絵は人気

浮世絵は日本の文化である、ということから、「海外でも人気がある」と言われると、なぜ?と首をかしげたくなる人も多いのではないでしょうか。
しかし、海の向こうでも、浮世絵は多くの人に愛されています。それについてみていきましょう。




切手の買取について

私たちは、郵便物を出すとき、当たり前のように切手を貼ります。「昔はもっと安かった」「ハガキ1枚40円の頃が懐かしい」という人もいるのではないのでしょうか。
さて、この切手ですが、これには、郵便物を出すための料金としての価値以外にも、骨董品としての価値があります。今回は、それについてみていきましょう。




使用済み切手は買取できる?

現在普通に流通している切手は、当然のことながら、消印を押されてしまうと、その価値はなくなってしまいます。
これは当たり前のことです。消印を押されても使えてしまえば、何度でも手紙(ハガキ)をだせることになってしまいますよね。
しかしこれは、あくまで、現在流通している、どこでも手に入る、希少性のない切手の話です。
これが、希少性が高く、現存する数などが少ない切手の場合、話は変わってきます。




記念硬貨の買取について

「記念切手」とともに、耳にすることがあるのが「記念硬貨」です。
しかしこれを全く見たことのない人の場合、どんなものか想像がつきにくいかもしれません。
そこでまず、「記念硬貨とは何か」「どのような価値があるのか」などについてお話していこうと思います。




高値がつく記念硬貨

「記念硬貨というのは、なんらかのお祝い事などやイベントのときに作られる、特別なお金である」ということは、すでにお話した通りです。
今回のこの記事ではもう一歩踏み込んで、「どのようなものが、より価値がある(高値がつくのか)のか」ということをお話していきましょう。




記念メダルの買取について

「記念メダル」という単語を聞いたことはないでしょうか。
これは「記念硬貨」ほどメジャーではないかもしれませんが、同じように、骨董的な価値を持つものです。
今回は、この記念メダルについて、「そもそも記念メダルとはどういうものか」「どんな価値があるのか」などについてお話していこうと思います。




高値がつく記念メダル

「出てきた記念メダル、せっかくなら高く売りたい」「記念メダルが見つかったけど、相場がわからない……」「どんな記念メダルなら高値がつくの?」
このような疑問は、多くの人が持つものでしょう。
そこでここでは、特に高値がつくと言われている記念メダルと、買取のポイントを見ていきましょう。




記念金貨の買取について

記念金貨の買取について

コインやメダルの買取についてみていると、時折、「記念金貨」という単語を見ることになるでしょう。
今回は、この「記念金貨」についてみていくことにしましょう。
記念金貨とは何なのか。記念金貨と記念硬貨の違いとは何なのか。記念金貨と記念メダルの違いとは?そしてその買取ポイントとは何か……これをお話していきます。




高値がつく記念金貨

大切な品物を売ろうと思うのであれば、一円でも高く買い取ってほしい、と思うのが人情なのではないでしょうか。査定金額はとても気になるところだと思います。
そこでここでは、「記念金貨」に焦点を絞って、特に高額で取引されるものについてお話していこうと思います。




アンティーク照明の買取

アンティーク照明は根強い人気のあるものであり、「ほしい!」と考える人も多いものです。
また、売り手側からしても、なんらかの事情で手放さなくてはならなくなったとしても、「愛してくれる人に渡したい」と考えるのが普通でしょう。
アンティーク照明の場合、一点ものが多く、現存している数が少ないためなおさらです




高値買取される茶道具とは

高値買取される茶道具とは

自分の手持ちの茶道具を売る、という決断をする理由はさまざまです。
家の収納スペースの問題もあるでしょうし、「飽きたから」という理由もあるでしょうし、好みが変わったということもあるでしょうし、受け継がせるべき人がいないから、という理由もあるでしょう。
ただ、いずれの場合でも、捨てるのではなく「売る」と決めたのであれば、少しでも高く買い取ってほしい、というのが人情なのではないでしょうか。




カメラの買取について

驚かれることも多いと思いますが、カメラの基本的な考えは、紀元前の頃からあったと言われています。
小さな穴に光が入ると、それが屋内の壁などにうつし脱されることがわかっていました。これはピンホールカメラの原型と言われています。
もっともこのような単純な原理では、それを撮影することはできなかったと言われています。




フィルムカメラは高く買取される?

家電製品というのは、多くの場合、新製品の方がありがたがられる傾向にあります。
後発のものの方がその前に出たものよりも質がよく、壊れにくく、使いやすいという特徴があるからです。
そのため、多くのリサイクルショップでも、最新型の方が高く買い取られます。

しかし、例外もあります。そのうちの一つが、「フィルムカメラ」です。




壊れたカメラでも買取できる?

カメラは、長い歴史を持っているものです。
ビンテージカメラのなかには、私たちが生まれるずっと前に生まれたものもあるでしょう。
私たちが自分の目で見ることのなかった歴史を、カメラはその「眼」を通してみてきて、記録してきたのだと思うと、とても感慨深いものがあります。
そのような歴史が、ビンテージカメラが多くのファンに愛される理由の一つなのでしょう。




壷の買取について

壷の買取について

骨董品のなかでも、多くの人に知られている知名度の高いものといえば「壺」でしょう。
壺を題材とした小説やドラマ、漫画や映画などは、だれもが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
今回は、この「壺」の買取ポイントについてみていきます。




中国美術における壷

「壺」は、多くの場合、陶磁器に分類されます。
中国においては、この陶磁器の歴史は非常に古いと言われています。焼き物の歴史は1万年を数え、さまざまな特色のある陶磁器が出されてきました。




アンティークドールの買取ポイント

アンティークドールの買取ポイント

アンティークドールは、一般的には、「作られてから100年以上経った人形」を指します。
アンティークドールは、しばしばビスク・ドール(ビスクドール)と混同されますが、これらはイコールではありません。
ビスク・ドールは磁器で作られたお人形であり、あくまでアンティークドールの一カテゴリーに過ぎないのです。




古美術品とは

古美術品とは

「古美術品」という言葉を聞くと、なんとなく「高そうなもの」「歴史のあるもの」というイメージを思い浮かべると思います。
今回は基本に立ち返って、「そもそも古美術品とは何か」ということから考えていきましょう。




骨董品の保管方法

骨董品は、状態によって買い取り額が大きく変わります。そのため、きちんと保管しておく必要があります。
今回は、骨董品の保管方法についてお話していきましょう。




骨董品の修理について

骨董品は長い年月を経て、さまざまな人の手を渡り旅をすることになります。
その旅の最中に、欠けたり、破れたりといった「破損」に至ることがあります。

骨董品は価値のあるものならば、ある程度破損していても高く買い取ってもらうことができます。
しかしながら、やはり完品(破損がない状態)の方が高い価値が付きます。
「まったく破損をしていない状態」に戻すことはできませんが、ダメージを受けた箇所の手当てをすることは可能です。




着物の買取ポイント

着物の買取ポイント

「古美術品」という言葉を聞くと、なんとなく「高そうなもの」「歴史のあるもの」というイメージを思い浮かべると思います。
今回は基本に立ち返って、「そもそも古美術品とは何か」ということから考えていきましょう。




刀装具の買取ポイントについて

刀装具の買取ポイントについて

刀というのは、非常に人気の高いジャンルです。
しかし、人気なのは、実は刀そのものだけではありません。その刀をサポートする「刀装具」も人気があるのです。




骨董品としての鉄瓶

骨董品としての鉄瓶

骨董品の一大ジャンルである茶道具。茶道具と聞くと、多くの人は、お茶を飲むための茶碗を想像することでしょう。
しかし茶道具には、さまざまな種類があります。
そのなかでも、お湯を沸かすときに使われる「鉄瓶」は、骨董品としての価値があり、さまざまなところで販売されています。




中国美術の玉器について

中国美術のカテゴリーのなかに、「玉器(中国玉器)」と呼ばれるものがあります。
あまり聞きなれないこの言葉ですが、これの特徴と買取ポイントについて見ていきましょう。




西洋絵画の高価買取ポイント

西洋絵画の高価買取ポイント

ヨーロッパ文明のなかで花開いた西洋絵画。この西洋絵画の特徴と、買取ポイントを見ていきましょう。




有名な西洋画家

西洋絵画もそれ以外の美術品も、有名な人が手掛けたものであるのなら、当然のことながらその価値は上がります。
一口に「西洋絵画を得意とした画家」といっても、その範囲は幅広く、好みによっても変わります。




現代アートの理解と高価買取のポイントとは

美術というのは、年とともに変わっていくものです。
人は常に新しいもの、新しい手法、新しい美を模索していくものですし、何をもって美しいとするのかも、時代によってかわります。
このようななかで、現在注目を浴びているのが「現代アート」です。




アンティーク洋書(古書)の買取ポイント

アンティーク洋書(古書)は、実際に手にとった経験のある人の方が少ないものかもしれません。
しかしこれは、愛好家の間ではとても人気が高いものであり、多くの人に愛されているものでもあります。




ブロンズ像の高価買取ポイント

ブロンズ像の高価買取ポイント

学生時代に学校にブロンズ像があった、という人や、観光地でブロンズ像を見た、という人も多いのではないでしょうか。
今回はこのブロンズ像の特徴と、その買取のポイントについて見ていきます。




象牙彫刻の高価買取ポイント

象牙彫刻の高価買取ポイント

長い歴史と多大な魅力を持つ象牙彫刻は、とても特異な芸術品です。
なぜかというと、現在は自然保護の観点から、象牙の取引には制限が付けられているからです。




アンティーク時計の特徴と買取のポイント

時間を知らせる、という単純な目的のために開発された時計。
しかしそれには、装飾的な要素や、収集の要素が入ってきます。そのため、非常に高額な時計や、きらびやかな時計なども売り出されていました。




ロイヤルコペンハーゲンの買取

高級陶磁器ブランドとして知られる「ロイヤルコペンハーゲン」は、1775年にデンマーク王室で使用する陶磁器と、他の王室へ贈答するための陶磁器を製造する製陶所が発足したことで誕生したブランドです。
創設されてからは王室御用達ブランドとしてデンマーク国内でのみ製造されていましたが、1869年に商人へ売却したことから民間企業として現在も多くの美しい陶磁器を生み出しています。




ウェッジウッドの買取

ウェッジウッドは「イギリス陶芸の父」と呼ばれた陶芸家のジョサイア・ウェッジウッドが、1759年に創立したイギリスの陶器メーカーです。
世界最大級の陶器メーカーのひとつであり、主に高級食器の製造と販売を行っています。




バカラの買取

バカラはクリスタルを扱うフランスのラグジュアリーブランドです。
通常のガラスとは異なり、30%の酸化鉛を含んでいるクリスタルガラスの製品を製造しています。




ノリタケの買取

骨董品としての鉄瓶

ノリタケには数々のシリーズがあります。
特に人気のシリーズをいくつかご紹介していきましょう。




マイセンの買取

骨董品としての鉄瓶

マイセンとは、1710年にヨーロッパで初めて硬質磁器を生み出したドイツの名窯です。
初期のマイセンのデザインは、中国の五彩磁器や日本の伊万里焼などから影響されたものもありましたが、1720年に絵付け師のヨハン・グレゴリウス・ヘロルトらにより、ヨーロッパ的な作品が主流になり、現代のマイセンらしさが確立していきました。